子供の視力回復

コンタクトレンズから起きる怖い病気

間違った装着方法やケア方法などで眼病に発展するケースが非常に増えています。

 

 

コンタクトレンズは装用していても裸眼の状態と変わらないということで人気がありますが下記のような弊害やランニングコストもコンタクトレンズを使用している限り止まることはありません。

 

自宅でトレーニングすることによって視力回復の効果はあります。

 

視力回復しコンタクトレンズを卒業しよう。

 

視力回復のために装用しているコンタクトレンズが原因と思われる眼のトラブルでよくあるものを紹介します。

 

角膜炎(かくまくえん)

目の異物感や痛み、充血などの症状。汚れたレンズを長時間装用したり、取り外しの際に爪で角膜に傷を付けることが原因と考えられます。

 

角膜とは黒目の部分で、眼の一番外側にある膜状の組織です。角膜は眼の中の組織を守るために非常に丈夫な線維組織でつくられています。ここに、傷が付き炎症を起こしたものを角膜炎といいます。

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

コンタクトを装着したまま寝たり、分の目に合っていないコンタクトレンズを使用し続けることなどの原因で、目の充血や痛み、視力の低下などに繋がり 重度の場合は、失明を引き起こすこともあります。

 

角膜潰瘍はコンタクトレンズのトラブルの中でも非常に重篤なものです。角膜表面に深く傷ができます。

 

コンタクトレンズの装着が長時間、コンタクトレンズを装着したまま寝てしまったり、コンタクトレンズが自分目のカーブに合っていない、コンタクトレンズが汚れている、などが原因となります。

 

目の痛み、目の充血、視力の低下などが特徴で、最悪の場合は失明につながります。特に合併症と言われる、感染を合併したときは非常に危険です。

 

ソフトコンタクトレンズ装用者に感染性角膜潰瘍の感染者は多くみられます。

 

ソフトコンタクトレンズや洗浄する為のレンズケース内に細菌が繁殖し、カビなどが感染性角膜潰瘍の原因となります。

 

毎日の消毒は絶対に怠らないでください。毎日消毒せずに週に一度、酷い場合は月に2.3度しか消毒をしない人がいますが、それは本当に危険です。また、ソフトコンタクトレンズは痛みを押さえる効果があるので目の表面に傷が出来ている場合でも、知らないままに傷が悪化してしまうケースがよくあります。

 

コンタクトレンズを装用していて目の調子が少しでも悪いと感じたら、コンタクトレンズは絶対に装用せず目のケアをするようにしてください。

巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)

レンズの汚れなどの原因から発症する、まぶたの裏側に白いブツブツができる症状です。

 

ここ最近、急激に増えてきているトラブルの一つです。主にソフトコンタクトレンズ装用者の多くに発症の恐れがありますが、ハードコンタクトレンズ装用者でも発症の可能性があります。

 

目にかゆみがでてきて、コンタクトレンズがずれやすくなります。また、まぶたの裏側に異物感を感じたり、目やにの量が増え、装用していても装用感が悪化します。

 

コンタクトレンズに付着した汚れが原因です。コンタクトレンズを「つけおき洗浄」や「煮沸消毒」をしている人に多くみられます。

 

症状が進行するとまぶたの裏側に大きなコブ状のブツブツ(乳頭)ができます。

 

コンタクトレンズを装用をするだけで悪化の原因になります。
このような症状が出たら、装用時間を短くし、「つけおき洗浄」ではなく「こすり洗い」に、「煮沸消毒」から「コールド消毒」に迅速に変更するのが良いでしょう。

 

 

ワンデーソフトコンタクトレンズ(使い捨て)を使用するのも有効です。

角膜新生血管(かくまくしんせいけっかん)

劣化したレンズの装用、長時間にわたるレンズ装用が原因から発症する
白目の部分に、細い血管が黒目に向かって伸びている症状。

 

「角膜新生血管」と言います。

 

 

ソフトコンタクトレンズを長時間に装用していると、角膜の酸素不足が原因で、結膜(白目)から悪い血管が角膜(黒目)に向かって伸びて来ることがあります。

 

この症状を角膜パンヌス(新生血管)といいます。

 

症状が悪化すると、黒目に入って来てさらに、放置すると最悪の場合失明することにも、つながります。

 

最近は、酸素透過性の良いコンタクトレンズも開発されてきていますが、
眼科で定期検査を受ける、説明書をよく読みコンタクトレンズの正しい葬用を徹底するなど気を付けることが大切ですね。