目を温める・冷やす

目を温める・冷やす

目の疲れを癒すのに体感的にも一番効果を感じることのできるのが目を温めてあげるという方法です。
目を温める目の血管が拡張し血行がよくなり、緊張した目の筋肉がゆるみ目の疲れを癒してくれます。

 

また目の疲れを取ってくれるだけでなくて身体の疲れまで取れたと思うくらい気持ちがいいです。

 

目を温める方法

 

1.タオルを水で濡らす。

 

2.濡らしたタオルをラップで包み電子レンジにかける。(500Wだとだいたい1分)

 

3.温かくなったタオルを目に当てる。

 

温めすぎには注意してくださいね。

 

今ではドラックストアで目を温めてくれるアイマスクなどもたくさん出ています。

 

 

よく、目を温める、目を冷やすどっちが良いのかと問われますが、疲れを癒すのに適しているのは温める方です。
逆に冷やす場合は目が充血している、角膜が軽い炎症が起きている時に適しているでしょう。

 

 

ただ一番の方法は冷やす、温める。を両方することだそうです。

 

冷やすことにより、血管が収縮され、温めることにより、血管が拡張される。

 

これにより新陳代謝がより良くなり効果があがるようです。

 

少し面倒ですが、両方しているとかなり効果は上がったと思います。

 

本当に疲れが取れた。という感覚になりました。