メガネで目が悪くなる?

メガネを掛けていると目が悪くなるというのは、ほんとうでしょうか?

メガネの正しい使用方法をしていれば目が悪くなることはありません。

 

 しかし、ほとんどの人がメガネの使用方法を間違えています。そもそも近視でメガネを常用するようになった人は「遠くのもの」が見えにくい為ですね。

 

「近くのもの」を見る時もメガネを掛けたままにしていませんか?

 

例えば、本を読んだり、ゲームしたり、料理をしたり、パソコンを使ったり、勉強したりと。

 

近視用メガネは遠いものを見る時に使用し、近いもの見る時は使用しないのが正しい使い方です。

 

近いものを見る時にまで使用してしまうと本来、近いものは矯正されなくても見えるのに矯正された状態が続くので目がその状態を覚えてしまうので、普段、メガネをかけなくても見える距離の物がメガネを外した直後だと同じ距離の物でも見えにくいことがあります。

 

そうした事で目が悪くなったと感じるのですね。
しかしその状態が長期間続くと強度近視の進行が速くなると言われていますので、メガネを使用する時にはしっかりと専門の人の話を聞くことが大事ですね。