目薬で視力回復するの?

目薬で視力回復するの?

眼科に行くと処方される目薬に「ミドリンM」があります。

 

この目薬を使用することにより初期の近視の場合は効果が一時的に効果はあるようです。
市販はされていません。

 

ミドリンMは緊張してしまった目の筋肉を薬でマヒさせて瞳を大きくします。
瞳が大きくなると目の筋肉がゆるんだ状態ですので遠くが見えるようになります。

 

ただ目の筋肉を強制的にゆるますので、点眼後は目の働きが変化するため、近くの物もぼやけて見えたり、眩しさを感じたりします。寝る前に使用する事が前提となっています。

 

近視の症状が進んでいると効果はほとんどありませんので、もし使用して1ヶ月しても効果が無いようでしたらやめた方がいいでしょう。

 

また個人によって副作用がでる場合があり、点眼して「まぶたの赤み、腫れ」「目の充血」や身体の調子がおかしくなった場合は使用をやめ、すぐに眼科医に相談してください。

 

ミドリンMはあくまでも対処法の一つです。

 

目の筋肉が固まってきたから目薬をして強制的にほぐす。繰り返しても近視が治ったことにはなりません。

 

対処法の一つのツールとしては効果的ではありますが、日々の生活の見直し、目の筋肉のトレーニングが重要になってきます。

 

その積み重ねで目薬に頼らずとも視力回復を目指そう。